二階堂和美 with Gentle Forest Sextet
撮影・円谷禎人
20181021-011nika_web.jpg
20181021-023nika_web.jpg
20181021-004nika_web.jpg
20181021-020gentle_web.jpg
20181021-019gentle_web.jpg

二階堂和美 with Gentle Forest Sextet

nikawithgentle_3_web.jpg
nikawithgentle_10_web.jpg
nikawithgentle_12_web.jpg

毎年おつとめしています『報恩講』のお知らせです。
『報恩講』は、浄土真宗門徒にとって、もっとも大切で親しみ深い行事です。
どうぞ、浄土真宗にご縁のある方は、どなたでもお参りください。


11月2日  夜のお寺もきれいです。ぜひ、お参りください。

夜7時より 御堂(本堂)にて        
   報恩講法要(初夜法要) 

                  

11月3日(文化の日)

午前11時30分~       
  お斎(とき)(昼食)       至心學舍にて
   手作りのお斎です。どうぞ、お召しあが りください。
報恩講お斎.JPG


午後1時~1時45分    
  報恩講法要(日中法要)    御堂(本堂)にて
引き続き~
  法話  幡多哲也師 西方寺住職( 兵庫県豊岡市出石町) 
午後3時ごろ  終了  

今年の「十三夜音楽会」は、
二階堂和美 with Gentle Forest Sextet 
の歌と演奏です。

おかげをおもちまして、観覧申し込み数が定員に達しましたので、
受付を締め切りました。

席はすべて自由席です。柱などで見えにくい場所もありますが、なにとぞご了承ください。
それでは、21日18時より二階堂和美 with Gentle Forest Sextetの音楽をお楽しみください!

10/21(日)
● 17 : 00 開場
● 18:00 開演

会 場:至 心學舍

全席自由   無 料   

今年の十三夜音楽会は、室内で行いますので、事前にお申し込みが必要です。

申込み:名前、希望人数、チケット送付先、連絡先を明記し、メールまたはファクシミリを送信。
宛先は info@koganji.net   FAX 044-777-3290 (定員になり次第締切)

13jyusanya.jpeg

「これぞ最高の出会い」と2016年1月の初タッグから音楽ファンの話題をさらっている「二階堂和美 with Gentle Forest Jazz Band」。ジャンルにとらわれない音楽性と、圧倒的な歌唱・表現力で国内外から幅広く支持され、2013年公開のスタジオジブリ映画『かぐや姫の物語』の主題歌「いのちの記憶」でも知られるシンガーソングライター二階堂和美と、オリジナル・スウィングを武器に、圧巻のライブパフォーマンスで人気を博している総勢21名のビッグバンドGFJB。両者が組んだ最強のコンビは、アルバム『GOTTA-NI』をひっさげ、爆発的なエネルギーをまき散らしながら各地で大絶賛のライブを展開してきた。今回これをギュウっと凝縮した7人編成でのスペシャルコンボで『髙願寺 十三夜音楽会』に出演する。


「お寺が小さなコミュニティーの場になれれば」との願いのもと、
お寺のネットワークを利用したお取り寄せシステム
題して「髙願寺おとりよせ市場」を企画いたしました!

はやくも10数名の方にご登録いただいています。
登録料は初年度無料なので、ご興味ありましたらまずは登録を!

会員登録は以下のメールアドレスにご連絡
ichiba@koganji.net

もしくは下記のフォームにてお申し込みください。
https://goo.gl/forms/j3xbicAyv84KGQla2


↓詳細は以下の画像をクリックください。↓

お取り寄せ.jpg

また、「髙願寺お取り寄せ広場」のプレイベントとして、
8月25日に髙願寺境内にて、「夕涼み市場」を開催いたします。
北海道直送のおいしい「じゃがバター」「焼きもろこし」を、是非ご堪能ください!

↓詳細は以下をご覧ください。↓
夕涼み市場.jpg

ご不明な点等ございましたら、気軽にコメント・ご連絡ください。
よろしくお願いいたします。

髙願寺 住職 宮本義宣

7月16日16時半から
一般社団法人 日本メメント・モリ協会
髙願寺 至心學舍にて
第6回フォーラムを開催します。 
テーマは"安らかで楽な死"
緩和ケア医の西智弘さん
"安楽死を遂げるまで"を上梓した宮下洋一さん
がん当事者の幡野広志さん
と対話をして行きます。

それぞれのフィールドでの体験談や、死について、痛みについて、医師・看護師・病院の組織についてなど、いろいろな話が出て、議論が白熱。16日は、みなさんと一緒に死ぬこと、生きることを考える優しい時間になると思います。

連休の最終日ですが、ご都合会う方ぜひいらしてください。

36516550_981004275414610_3360002848950583296_n.png

 今年度の日程が決まりましたので、お知らせいたします。
 
『書いて味わう正信偈』前田壽雄師
5月26日・7月28日・9月8日・11月10日1月12日3月16日


『話をみんなでしましょう』髙願寺住職 
6月2日・7月7日・8月25日・9月22日・12月8日(最終回)

いずれも土曜日午後2時より

彼岸会と抹茶席

| コメント(0) | トラックバック(0)

春のお彼岸では、
3月21日(春分の日)午前10時より
御堂(本堂)にて彼岸会がひらかれます。どうぞお参りください。

また
至心學舎にて
抹茶のご接待をさせていただきます。
どうぞ気楽にお立ち寄りください。

境内の緋寒桜が咲き始めました
サクラ緋寒桜.jpg

12月28日(木)1月4日(木)は、
お休みさせていただきます。

新年は、1月11日(木)夜7時から始めます。


10月7日(土)夜7時から開催予定の十五夜音楽会

天気予報は雨が降る予報になっています。

至心學舍内にて、開催いたします。

みんさまのお越しをお待ちしております!

今年は、ミャンマー料理のケータリングも予定しております。

10月7日(土)午後7時から
境内特設会場にて(雨天の場合は室内にて)
入場無料(申し込み不要)

月明かりのもと、音楽を聴きお楽しみください!

今年は、ミャンマーで用いられいる民族楽器サウン・ガウ(saung-gauk)の演奏をお楽しみください。日本では、映画『ビルマの竪琴』に登場したことでよく知られています。

img002.jpg

当日は、無料にて、お団子とお茶をご用意しておりますので、ぜひお召しあがりください。

また、「ちょっと食事もしたい」という方のために、当日ケータリングでの食事もご用意いたします。
家庭料理家・永易久美子さんに、「家庭料理の発想を大切に、美味しくて楽しくなるような、体にやさしい料理」をご提供していいただけることになりました。(こちらは有料)

9月から仏教、浄土真宗に関する2つの公開講座を開講いたします。「ハートフル講座」は、どなたでも受講できますので、ご家族、地域のみなさまお誘い合わせのうえ、ご参加ください。


その①◆浄土真宗のことを学ぶ講座◆
『書いて味わう正信偈』全10回

開 講 日 1回 2017年9月30日(土) 2回 11月18日(土) 3回 12月16日(土) 4回 1月27日(土) 5回 2018年3月3日(土) 6回以降未定

講  師 前田 壽雄 武蔵野大学准教授
テキスト 『書いて味わう正信偈』 (本願寺出版社)
受 講 料 3,000円(テキスト代込) 
     全10回分の受講料です


その②◆お寺で話をしてみませんか◆
『話をみんなでしましょう』

毎回のテーマをもとに 住職と集まったみなさんで話をします

開 講 日 1回 2017年9月16日(土) 2回 10月21日(土) 3回 11月25日(土) 4回 1月13日(土) 5回 2018年3月17日(土) 6回以降未定

講  師 宮本 義宣 髙願寺住職
テキスト・資料はその都度配布
受 講 料 3,000円(テキスト・資料代込)

【申込方法】
 1講座でも両方受講することもできます。事前申し込みをお願いいたします。
各講座とも全10回の受講料を初回にお持ちください。欠席の場合、受講料の返金はありません。
 申込先は、髙願寺まで。電話、FAX、メール、郵送にてお申し込みください。

お寺でアート書道チラシ.jpg

 夏休み、お寺という日常と離れた空間で、アート書道を体験してみませんか?
自由に筆で書く楽しみを味わい、色鮮やかな和紙を使って"オリジナルうちわ"を
製作します。

●日時●
2017 年8 月3日(木)・4日(金)ともに 13:00〜15:00  の2日間

●参加費●
子ども・大人 1名 2日間 3,000 円
親子     2名 2 日間 5,000 円
 ※定員10 名。用具不要。汚れてもよい服装でご参加ください。
 ※対象年齢 5 歳以上(小学低学年までは保護者同伴でお願いします)
●講師●
書デザイナー 寧月(Web : http://neigetsu.jp/ja/ )
東京大学教育学部卒業。「"和"はモダンである」をテーマに、
現代を生きる人々の生活に fit する書作品を創作している。

南老門

| コメント(0) | トラックバック(0)

IMG_0078.JPGIMG_0073.JPG

境内の南側に門を建てて久しいのですが、門に名称を付けました。『南老門』としました。門柱に表札を掛けたのですが、みなさんから「なんて書いてあるのか」と尋ねられます。
「老」という字がくずして書いてあるので、なかなか「老」と読んでいただけないようです。
揮毫してくださったのは、羽田の海岸寺の櫻井寛明住職です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

アイテム

  • 20181021-019gentle_web.jpg
  • 20181021-020gentle_web.jpg
  • 20181021-004nika_web.jpg
  • 20181021-023nika_web.jpg
  • 20181021-011nika_web.jpg
  • nikawithgentle_12_web.jpg
  • nikawithgentle_10_web.jpg
  • nikawithgentle_3_web.jpg
  • 報恩講お斎.JPG
  • 13jyusanya.jpeg

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261