至心學舍写真

至心學舍(ししんがくしゃ)
髙願寺では、新たなお寺の施設として「至心學舍」を建設しています。多目的な用途で活用していくことを夢見ています。仏事はもちろんのこと、行事やイベント、お稽古や音楽会・ギャラリーにも使えたら楽しかろうと考えています。地域の人たちが気楽に立ち寄って、「学んで、遊んで」いける空間をめざしていきます。
至心學舍の現在の建築状況は髙願寺オフィシャルブログ「至心學舍建築日記」コーナーでご確認いただけます。

移築計画さなかの大地震

揺れることで建物を守る構造

 移築計画が進んでいくさなかの2007年7月16日の午前10時半頃、中越沖地震が発った。そのとき、寺の世話人さんのお宅でお盆のお参り中だった。どこで地震が起きたかわからないなか、ちょうど民家の移築計画の話をしていた。
 震源地が、柏崎の近くで、被害がでたということがわかり、すぐに設計士さんと見に行くことにした。
 被害は、下屋(げや)が崩れ、建具はほとんどが飛ばされ、土壁はかなり剥落して落ちていた。しかし、母屋は多少のゆがみはあるものの、瓦一枚落ちていなかった。
 当主云、「これで大きな地震を3回経験したけれど、今回が一番揺れた。建物が1メートルは揺れた感じだ」そうだ。
 大きな地震を三度経験したこの建物は、多少の被害を受けながらも、立派に建ち続けてくれた。建物が大きく揺れることで、建物そのものを守っている構造が、日本建築なのだということがわかった。
 関東でも大きな地震が来るだろうと言われているが、耐震も大丈夫ということが証明された。

至心學舍
2007/07/21

至心學舍
2007/09/08

こちらのページでご紹介した古民家は現在、髙願寺の境内へ移築作業が進められています。髙願寺オフィシャルブログ「至心學舍建築日記」コーナーでは至心學舍の現在の建築状況を住職がレポートしていますので、そちらもぜひご覧ください。
前へ