至心學舍写真

幽篁堂(ゆうこうどう)
髙願寺では、新たなお寺の施設として、「至心學舍」に続き「幽篁堂」を建設しました。多目的な用途で活用していくことを夢見ています。行事やイベント、お稽古や音楽会・ギャラリーにも使えたら楽しかろうと考えています。地域の人たちが気楽に立ち寄って、「心静かに」過ごせる空間をめざしていきます。
幽篁堂で行われる行事などについては髙願寺オフィシャルブログ「幽篁堂」コーナーでご確認いただけます。

数寄屋造りとは


旧宮家、数寄屋造りの建物

 数寄屋造りは、茶室の建築の手法を取り入れた建築様式で、京都の桂離宮の古書院夜、中書院、曼殊院小書院などが有名です。その様式は、柱は角だけでなく皮の付いた丸太や土壁などの意匠を取り入れ、天井も棹縁天井を用いる特徴があります。

  

前へ